-

自動車重量税、別称重量税というものは、日本の自動車もしくはアメ車など車の生産している国や電気自動車、ロールーフ車というような車の形状に全て同じで、例えば、ダイハツやGM、等でも変わりなく納めることが必要な税のことをいいます。新車登録のさいまたは車検に出す場合に納税が必要になる税になります。この額はそれぞれの愛車の重さ毎に決定されます。「自動車重量税」と「自動車税」という二つの税金は完全に違う税金です。基礎を学んで混同しないようにする必要があります。「自動車重量税とは重量で」「自動車税というものはクルマの総排気量によって」金額が変わります。そして買い取りの時の待遇も変わってきますので注意が必要です。クルマの買い取りの時には支払った額がいくら残っていても、その税額が返ってくるようなことはないですが、一方自動車税の時は既に支払った額を査定額に足してくれるといった場合がなくはないですが、重量税の時は足されるといった事例はあまりありません。重量税というのはすでに既に納めた税額が残っているとはいえ中古車の買取店にてそのことが材料になる場合は少ないと思います。ですのでその次の支払い、分かりやすく言えば車検まで待機してから買い取ってもらうという手段が無駄がないと思います。買取の際は考慮していただけない重量税ですが特別な場合でしたら戻ってくることもあるのです。この事例というのは車検が残っている自動車を廃車にする場合。要するに廃車登録をすれば、残っている車検期間に応じた税金が還付されます。ただし、中古車買い取り時はその自動車が廃車されるのとは異なり返ってきません。そして所有車の名義を変更してしまった場合や、盗まれた際も返還してもらうことはできません。重量税の残っている期間がある愛車を手放すということは、要するに車検がまだある自動車ということになります。そのことを買取側も計算に入れますので重量税の期間が残っていれば少しは買取額が増えるはずです。勿論買取金額は買取業者次第で異なりますが、車検の効力がまだあるということが忖度されればクルマの買取額からみるとそんなに損をするということもありません。